じゃがいもキャセロール フィンランドのクリスマス料理

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フィンランドのクリスマスの定番、Laatikko=箱料理。そのうちの一つ、甘くておいしいじゃがいもキャセロールです。手間はかかりますが、お味は絶品。舟和のいも羊羹を思い出させる美味しさです。

スポンサーリンク

クリスマスの箱料理

フィンランドの伝統的なクリスマス料理といえば、この「箱料理」。Laatikko=箱に入れて、オーブンでじっくりと焼いたキャセロールです。

そして、このラーティッコ、にんじん、じゃがいも、ルタバガなどいろいろな種類があります。どれもほのかに甘く、スパイスの風味がよく合います。料理なのに甘いの?と思うかもしれませんが、わたしの中のイメージは、お正月の豆きんとんです。

スポンサーリンク

じゃがいもの糖化

このじゃがいもキャセロール、甘いです。ほかのキャセロールよりかなり甘い。理由は、じっくりオーブンに入れて、じゃがいものでんぷんを糖化しているからです。

でんぷんは、多糖類と呼ばれます。糖がたくさんくっついてできているからです。お米を噛むと甘く感じるのは、私たちの唾液に含まれるアミラーゼという酵素がお米のでんぷんを切断し、糖ができるからです。

もちろん、キャセロールを作るのに唾液は使いません。実は小麦粉にも、アミラーゼが含まれています。小麦粉を混ぜて、アミラーゼが働きやすい温度で保ってあげることで、じゃがいものでんぷんが切断され、糖ができ、甘くなります。

この糖化を使えば、海外の全く甘くないサツマイモも甘くできます。さつまいもは、いもの中にアミラーゼをたくさん含んでいます。ですから、丸ごと加熱するだけでいいんです。

じゃがいもは、サツマイモに比べてアミラーゼが少ないので、そのままオーブンで加熱するだけではそんなに甘くはなりません。ですが、驚くほど濃厚なベイクドポテトができます。

スポンサーリンク

舟和のいも羊羹?

じゃがいもキャセロールは、じゃがいもを糖化しています。ですから、ほかのキャセロールに比べるとダントツで甘いです。そして、味はなんと舟和のいも羊羹。じゃがいもなのに、舟和のいも羊羹。とっても驚きましたが、何口食べても舟和のいも羊羹でした。

海外での再現レシピというには、あまりにも手間暇かかりすぎますが、時間があるときにぜひ、試してみてください。

人気のフィンランドのクリスマス料理のレシピはこちらです。

ジンジャーブレッドスパイスの作り方 お菓子やラテに
ルタバガキャセロール フィンランドのクリスマス料理
フィンランドのスパイスケーキ ジンジャーブレッドスパイスケーキ
フィンランドのデーツケーキ コーヒー風味orグロッギ風味

人気のフィンランド料理はこちらです。

フィンランドのオートミールクッキー 簡単美味しいクッキー
フィンランドのブルーベリーパイ ラズベリーパイ
手作りレイパユースト フィンランドのブレッドチーズ
貧乏人のケーキ フィンランドのふわふわスパイスケーキ

スポンサーリンク

レシピ

じゃがいもキャセロール Perunalaatikkoフィンランドのクリスマス料理

フィンランドのクリスマスの定番、Laatikko=箱料理。そのうちの一つ、甘くておいしいじゃがいもキャセロールです。手間はかかりますが、お味は絶品。舟和のいも羊羹を思い出させる美味しさです。
下準備2 hours
下準備後調理まで3 hours
Cook Time2 hours
分量を調整4
INGREDIENTS
  • じゃがいも 500 g
  • 小麦粉 20 g
  • 生クリーム 50 g
調味料
  • 黒蜜 15 g
  • 1/2 小さじ
焼くときに使用
  • バター 5 g
  • バター
調味料の体積⇔重さ換算表
EQUIPMENT
  • 電子はかり
  • 計量スプーン
  • 包丁
  • まな板
  • アルミホイル
  • 温度計
  • ざる
  • ミキサー,ブレンダー
  • オーブン皿(1L)
INSTRUCTION
  • じゃがいもは皮をむき、一口大に切る。
  • 鍋にじゃがいもと水を入れ、中火で加熱する。
  • 竹串がスッと通るかたさまでゆでる。
  • この間に、オーブンを60度に予熱する。
  • じゃがいもを鍋から取り出す。ゆで汁は後で使うので、捨てずにとっておく。
  • じゃがいもを、ハンドブレンダーまたはマッシャーでペーストにする。ゆで汁を少しずつ加えて、お粥よりやや硬い程度までのばず。
  • 小麦粉の半量を入れてよく混ぜる。
  • アルミホイルでなべを覆い、じゃがいもに温度計を刺す。
  • オーブンに入れて30-40分加熱する。じゃがいもの温度が60-70度を保つように注意する。
  • オーブンから取り出し、残りの小麦粉を混ぜる。
  • 再びアルミホイルでなべを覆い、じゃがいもに温度計を刺す。
  • オーブンに入れて3-5時間加熱する。じゃがいもの温度が60-70度を保つように注意する。この工程でじゃがいもが甘くなる。
  • オーブンから取り出し、牛乳、生クリーム、調味料を入れよく混ぜる。
  • バターを塗った耐熱容器に入れる。表面を滑らかにし、その上にバター5gを置く。
  • 175度のオーブンで2時間焼く。

コメント