捏ねるパンと捏ねないパンの違い パンをこねる意味は?

スポンサーリンク

こねるパンとこねないパンの違いは、グルテンをどう作るか、です。パンをこねることでグルテンができるまでの時間が短縮できます。グルテンは捏ねなくてもできます。

スポンサーリンク

簡単にできるこねないパン

そこで気になるのが「なぜこねなくてもパンができるのか」ということです。ですが、ちょっと待ってください。そもそも、パン生地をこねる理由は何でしょうか?

グルテンができる仕組み

小麦粉の中にはタンパク質が多く含まれています。そのタンパク質の中でも量が多いのが、グルテニンとグリアジンです。そして、グルテニンとグリアジンが水と結合すると、グルテンになります。このグルテンは、パンの骨格を作るのに欠かせません。

捏ねなくてもグルテンはできる

グルテンは、グルテニンとグリアジンが水と結合するとできます。そうです。グルテンを作るだけなら、こねる必要はありません。

例えば、流しに落とした小麦粉が、しばらくしたら粘り気のあるかたまりになっていたりします。これは、グルテニンとグリアジンが水と結合し、グルテンができたということです。

つまり、パン生地をこねるのは、グルテンを作るため、ではないわけです。

生地をこねると時間節約

こねなくてもグルテンはできるのに、なんでこねるのか。それは、早くパンを焼くためです。つまり、より短い時間でグルテンを作ったり、より短い時間でグルテン同士をつなげたりするためです。

短時間でグルテンを作る

こねないパンのレシピのように、小麦粉と水をざっくり混ぜるだけでも、グルテンはできます。しかし、この方法だと、水の分子が動き回って、小麦粉と出会い、グルテンを作るのをのんびり待たないといけません。
こねないパン オーバーナイトで長時間発酵カンパーニュ
強力粉だけを使った、オーバーナイト長時間発酵のカンパーニュです。こねないパンのレシピの中で一番簡単に作れるサワードウブレッドです。

それに対して、小麦粉と水をしっかり混ぜるとどうでしょうか。生地を捏ねてあげると、水と小麦粉が短時間でまんべんなく出会うことができます。つまり、グルテンができるまでの時間が短くなるのです。

短時間でグルテンをつなげる

グルテニンとグリアジンが水と出会うと、グルテンができます。この段階では、グルテンの粒がひものようにつながっただけの状態です。

グルテンを含む生地をこねると、このグルテンのひもが折りたたまれたり、ひも同士が出会ってつながったりします。そうすると、グルテンのひもが平面の網目に、平面の網目が立体の網目になっていくわけです。

時間をかけてのんびり待てば、この立体の網目もそのうちできるのですが、生地をこねれば時間短縮になる、というわけです。

生地をこねると発酵も早くすむ

発酵は、パンに欠かせません。イーストが作りだす二酸化炭素がグルテンの網目の間に溜まり、パン生地が膨らみます。このおかげで、パンのふわふわとした食感ができるわけです。

こねた生地は準備万端

パン生地をこねると、グルテンの立体の網目がしっかり出来上がります。いつ発酵が始まっても大丈夫です。なので、小麦粉100gあたり2-3gのドライイーストを加えて、1-2時間程度でたくさん二酸化炭素を発生させます。こねることで、グルテンをしっかり形成し、一気に発酵させることができるわけです。

こねない生地は準備が必要

それに対して、生地をこねていない場合、グルテンの立体の網目ができるのを待たなければいけません。どれくらい待つか、というと、大体室温で半日くらいです。

そこに、パン生地をこねるときと同じ量のイーストを入れたらどうなるでしょうか。最初から盛んに二酸化炭素を出しても、それを受け止める網目がありません。それだけでなく、長時間イーストを働かせると、生地が酸性になることでパン生地の酸味がきつくなり、グルテンも形成されにくくなります。

なので、イーストの量を控えめにして、ゆっくりと発酵させます。じっくり時間をかけてグルテンの網目を作り、少量のイーストを使って、のんびりと二酸化炭素を出していきます。大体、小麦粉300gに対してドライイースト1g程度です。

捏ねるパンと捏ねないパンの違い

こねるパンでは、グルテンの網目構造が素早くできます。そのおかげで、短時間で発酵させ、パン生地を膨らませることができます。

それに対して、こねないパンでは、パン生地をこねません。そのため、グルテンの網目構造ができるのに時間がかかります。結果として、発酵ものんびりとしないといけません。

私たちは、パンをこねて作るのが当たり前だと思っています。じゃあなんでこねるの、ということを考えてあげると、こねないパンの原理についても、しっかり理解することができます。

簡単で美味しいこねない〇〇

せっかくなら、こねずに美味しくできるこねないパンを試してみませんか。Piece of Oishiのレシピは、どれもオーバーナイト、生地を混ぜたら放っておくだけの長時間熟成です。途中で生地を混ぜる必要すらありません。寝ている間に勝手に生地ができあがって、朝焼きたてパンが食べられる生活、最高です。皆さんもぜひ、こねないパンを試してみてください。
パンだけじゃない こねない〇〇レシピ

こねないパンがブームですが、どうしてこねなくていいのか、そもそもなんでパンを作るときにこねるのかを考えました。実は、グルテンはこねなくてもできます。それなら、パン以外のレシピだって、こねないでも作れるんじゃないでしょうか?こねないうどん、こねないラーメン、こねない餃子の皮…どれも最高におすすめです。

こねるパンの仕組みやグルテンの形成について、こちらの本を参考にしました。パンの歴史や作り方にも触れられていて、とても読み応えのある本です。

パンの科学 しあわせな香りと食感の秘密 (ブルーバックス) [ 吉野 精一 ]

コメント

タイトルとURLをコピーしました