フィンランドのオートミールクッキー 簡単美味しいクッキー

スポンサーリンク

フィンランドのどのスーパーでも買える、オートミールのクッキーです。フィンランドのレシピを、甘さ控えめに改良しました。インスタントオートミールでも作れます。

スポンサーリンク

どのオートミールを使う?

オートミールは、粒のままのものと、砕かれたものの二種類があります。そして、この粒の状態によって、お湯を入れた後の食感が変わります

具体的に確認しましょう。

ロールドオーツはつぶつぶ

粒のままのオートミールは、調理しても粒の食感が残りやすいです。ロールドオーツとか、オールドファッションとか呼ばれるオートミールがこれです。

インスタントオーツはもっちり

砕かれたものは、調理時間が短くなりますが、粘り気が強く出ます。インスタントオートミールと呼ばれるものが多いです。

クッキーの食感が変わる

そして、このオートミールクッキーでも、粒の状態によって焼き上がりが変わることが分かりました。

最初は、インスタントオートミールを使ってこのクッキーを作っていました。しかし、何度試しても、市販品のようなサクサクの食感にはなりません。

フィンランドのオートミールクッキーのレシピはあまりに有名です。検索しても同じ材料のものしか出てきません。つまり、何かを足したり、引いたりして、変化をつける余地がありません。

そこでオートミールについて調べてみました。すると、砕いたオートミールが入っているかどうかという違いがあるとわかりました。実験をしたところ、粒の状態で、オートミールのおかゆの食感が変わることもわかりました。

これがクッキーにも影響するのではと作ってみたところ大当たり。ようやく、サクサクのオートミールクッキーを作ることができました。

体積が大好きなフィンランドのレシピ

ちなみに、フィンランドのレシピは、とにかく単位が体積です。しかも、mLでなくdLです。小麦粉も、オートミールも、ミルクも砂糖も、とにかく何でもdLであらわされています。私はそんなにdLになれていないし、他の国のレシピを見てもdLはなかなか見かけないので、フィンランド独自のものなのでしょう。

とにかく、いろいろな料理を作るにあたり、毎回dLをgに換算しています。

人気のフィンランド料理はこちらです。

フィンランドのオートミールクッキー 簡単美味しいクッキー
二次発酵なし フィンランドのシナモンロール
フィンランドのスパイスケーキ ジンジャーブレッドスパイスケーキ
たまごなし 簡単なフィンランドの菓子パンの生地

レシピ

超簡単オートミールクッキー フィンランドの定番おやつ

フィンランドのどのスーパーでも見かけるのがこのオートミールのクッキーです。市販のものは甘いので、レシピを探して、甘さ控えめに改良しました。
Prep Time0 mins
Cook Time30 mins
Keywordお菓子
Servings100 g オートミール使用
INGREDIENTS
  • オートミール (*1) 100 g
  • ブラウンシュガー 25 g
  • 小麦粉 10 g
  • ベーキングパウダー (小さじ2) 6 g
  • たまご 1
  • バター 50 g
調味料の体積⇔重さ換算表
EQUIPMENT
電子はかり
ボウル
シリコンヘラ
クッキングシート
INSTRUCTION
下準備
  • オーブンを200℃に予熱する。
  • 天板にクッキングシートを敷く。
  • バターを溶かす。
調理
  • オートミール、ブラウンシュガー、小麦粉、ベーキングパウダーをボウルに入れ、軽く混ぜる。
  • 溶かしバターを入れ、全体をよく混ぜる。
  • 卵を割り入れ、よく混ぜる。
  • スプーンを使い、生地を天板に丸く広げる(*2)。クッキー一枚あたり、大さじ1程度が目安。
  • オーブンで10-15分焼く。
  • クッキングシートにのせたまま冷ますとしっとりと、ケーキクーラーにのせて冷ますとサクサクになる。
ポイント
  • 砕いたオートミールが入っているインスタントオートミールだとしっとり仕上がり、粒だけのものだとサクサクに仕上がります。
  • 広げ方によって食感が変わります。全体を薄く伸ばした場合、サクサクのクッキーになります。真ん中を厚めにすると、厚みのある部分はしっとり感が残ります。お好きな方法でどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました