にんじんキャセロール フィンランドのクリスマス料理

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フィンランドのクリスマスの定番、Laatikko=箱料理。そのうちの一つ、ほんのり甘いにんじんキャセロールです。にんじんと、なんとお米の入ったラーティッコ。どこか懐かしい気持ちになる味です。

スポンサーリンク

クリスマスの箱料理

フィンランドの伝統的なクリスマス料理といえば、この「箱料理」。Laatikko=箱に入れて、オーブンでじっくりと焼いたキャセロールです。
にんじん、じゃがいも、ルタバガなどいろいろな種類があります。どれもほのかに甘く、スパイスの風味がよく合います。料理なのに甘いの?と思うかもしれませんが、わたしの中のイメージは、お正月の豆きんとんです。
ルタバガキャセロール フィンランドのクリスマス料理
フィンランドのクリスマスの定番、Laatikko=箱料理。そのうちの一つ、ほんのり甘いルタバガキャセロールです。ルタバガはかぶの一種。ルタバガの優しい甘さと、スパイスの香りがくせになる美味しさです。
じゃがいもキャセロール フィンランドのクリスマス料理
フィンランドのクリスマスの定番、Laatikko=箱料理。そのうちの一つ、甘くておいしいじゃがいもキャセロールです。手間はかかりますが、お味は絶品。舟和のいも羊羹を思い出させる美味しさです。
スポンサーリンク

お米入りの料理

日本人にとって、お米は主食です。お米は、それだけで立派な料理。いつでも主役です。
フィンランドでは、お米は主におかゆとして食べられています。スーパーでも、Puuroriisi=おかゆ用のお米、として短粒米が売られています。日本のお米よりも粘り気や甘みが弱いですが、短粒米が手軽に買えるのは本当にありがたいです。
無料公開を終了しました | Piece of Oishi
酒なし、みりんなし、現地の食材で作れるレシピ&料理の科学&海外の食材考察サイト

もちろん、お米はフィンランド人の主食ではありません。おかゆにして食べることも多いですが、このPorkkanalaatikkoのように、具材として混ぜ込むことも多いです。野菜と近いイメージでしょうか。最初は、お米を混ぜるなんて!と思いましたが、郷に入っては郷に従え。慣れるとこれも美味しいものです。

人気のフィンランドのクリスマス料理のレシピはこちらです。

プラムケーキ フィンランドのクリスマスケーキ 卵不使用
フィンランドのスパイスケーキ ジンジャーブレッドスパイスケーキ
フィンランドのポテトサラダ ピクルス&りんご入り
ルタバガキャセロール フィンランドのクリスマス料理

人気のフィンランド料理はこちらです。

フィンランドのオートミールクッキー 簡単美味しいクッキー
たまごなし 簡単なフィンランドの菓子パンの生地
フィンランドの牛タンやわらか煮 スパイス&ハーブ風味
手作りレイパユースト フィンランドのブレッドチーズ

スポンサーリンク

レシピ

にんじんキャセロール Porkkanalaatikkoフィンランドのクリスマス料理

フィンランドのクリスマスの定番、Laatikko=箱料理。そのうちの一つ、ほんのり甘いにんじんキャセロールです。にんじんと、なんとお米の入ったラーティッコ。どこか懐かしい気持ちになる味です。
下準備30 minutes
Cook Time1 hour
分量を調整4 人分
INGREDIENTS
  • にんじん 500 g
  • 300 g
  • 1.5 小さじ
  • 100 g
  • 生クリーム 50 g
  • 牛乳 50 g
  • たまご 1
調味料
  • 黒蜜 1 大さじ
  • シナモン 1/2 小さじ
  • ホワイトペッパー 1/2 小さじ
焼くときに使用
  • パン粉
  • バター
調味料の体積⇔重さ換算表
EQUIPMENT
  • 電子はかり
  • 計量スプーン
  • 包丁
  • まな板
  • ざる
  • ミキサー,ブレンダー
  • オーブン皿(1L)
INSTRUCTION
  • にんじんを薄切りにする。
  • 鍋に水と塩、にんじんを入れ、にんじんが柔らかくなるまで茹でる。
  • にんじんが柔らかくなったら鍋から取り出す。ゆで汁は捨てない。
  • にんじんのゆで汁に米を入れて、柔らかくなるまで煮る。
  • にんじんを、ハンドブレンダーまたはマッシャーでペーストにする。
  • 生クリーム、牛乳、たまご、調味料を入れて混ぜる。
  • 茹で上がった米を入れて混ぜる。
  • バターを塗った耐熱容器に入れ、上に細かく砕いたパン粉をまぶす。
  • 175度のオーブンで1時間焼く。