オーバーナイトチャバタ 一番簡単にできるこねないパン

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こねないパンで一番簡単なチャバタ

驚異の加水率100%

加水率(小麦粉に対する水の割合)が100%にもなると、こねてもこねても生地はベタベタなままで、成形は無理でした。二次発酵させようと思ったのですが、すぐに生地がだれてクッキングシートに広がり、それをまたすくい上げて高さを出して、それがまた広がり…ということで、二次発酵はあきらめました。

分割して小さいチャバタにしようと思ったのですが、水分が多くてやわらかい生地でもグルテンはしっかりしているので、切るのもなかなかに大変です。もう一番楽な方法でいいや、と思い、成形なし、二次発酵なしで焼いたら、結局一番美味しく焼けました。

200℃で焼いたところ、水分が残りすぎていたので、オーブンはかなり高めの220℃に設定してあります。ですが、ビビらずに、しっかり焼き色がつくまで焼いてください。

焼きたてのパンを切ると、もちもちを通り越して少しべたついていますが、しっかり冷ましてあげると落ち着くので問題ありません。このパン、もう、驚くほどふかふかです。外はバリっとしているのに、真ん中あたりの膨らんだところを押すとへこみます。そして、戻ってきます。すごいです。

オーバーナイトチャバタ 一番簡単にできるこねないパン

こねないパンはカンパーニュが有名ですが、チャバタならもっと簡単に、鍋がなくてもできます。手も汚れません。加水率は驚異の100%。外はパリパリ、中はもっちり食感のチャバタです。
Prep Time10 mins
Rest Before Cook12 hrs
Cook Time30 mins
Keywordパン
Servings300 g 小麦粉使用
INGREDIENTS
  • 強力粉 300 g
  • 300 g
  • 4 g
  • ドライイースト 1 g
調味料の体積⇔重さ換算表
EQUIPMENT
電子はかり
ボウル
シリコンヘラ
クッキングシート
丸ごとオーブンに入れられる薄手の鍋(*1)
INSTRUCTION
下準備
  • ボウルに強力粉、塩、ドライイーストを入れ、軽く混ぜる。
  • 水を入れる。
  • 粉っぽさがなくなり、一つにまとまるまでへらで混ぜる。
  • ラップをして、15-25℃の室温で一晩、12時間程度寝かせる。
焼成
NOTES
*1
生地が柔らかすぎて成形ができません。生地がだれてくるので、すぐにオーブンに入れてください。
 
*2
表面だけでなく、底にもしっかり色がついていることを確認してください。
焼きたては、中がベタベタとしているので、しっかり冷ましてから切ってください。冷めても翌日でも、もちもち食感が続きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました