海外でもだしの素で親子丼 みりん・料理酒・めんつゆなし

スポンサーリンク

だしの素で作る親子丼のレシピです。みりんなし、料理酒なし、めんつゆなし、だし汁なしで、海外でも作れる美味しい親子丼です。

スポンサーリンク

酒・みりんは必要?

海外にいると、料理酒やみりんは超高級品です。日本にいても、うっかり切らしてしまったということもあるでしょう。そもそも、なぜ酒とみりんを使うんでしょうか?

まず、酒とみりんの役割は以下があげられます。

  • 酒…臭みを消す、具材を柔らかくする、うま味を足す、風味を足す
  • みりん…臭みを消す、甘味を足す、うま味を足す、照りを出す

親子丼での料理酒の効果

親子丼での酒の働きは、臭みを消す、風味を足すあたりでしょう。

臭みを消す

日本では、鶏肉が臭いと思ったことはありません。フィンランドの鶏肉を使うと、時々鶏肉のくさみを感じます。ですが、調理後には気になりません。

親子丼はしょうゆとだしの香りがしっかりする料理です。料理酒がなくても、くさみは気にならないでしょう。そもそも、親子丼で使う料理酒の量を考えると、臭みが抜けるかどうかはかなり疑問です。

風味を足す

風味については、料理酒でないと出せないと思います。とはいえ、親子丼はしょうゆとだしの香りがしっかりしています。料理酒の風味がないから美味しくない、ということはないでしょう。

親子丼でのみりんの効果

みりんは、主に甘味を足すために加えられています。つまり、甘味を足せるものなら、みりんではなくてもいいのです。

それでは、みりんは何で代用すればいいのでしょうか。みりんの代用として、砂糖とか、はちみつとかといわれます。私は、みりんの代用としてブラウンシュガーをおすすめします

だしはだしの素で十分

レシピ

海外でもだしの素で親子丼 めんつゆ・白だし・みりんなし

だしの素で作る親子丼のレシピです。みりんなし、料理酒なし、めんつゆなし、だし汁なしで、海外でも作れる美味しい親子丼です。
Prep Time0 mins
Cook Time15 mins
Servings2
INGREDIENTS
材料
  • 鶏もも肉 300 g
  • たまねぎ 200 g
  • たまご 2
お好みで
  • きざみのり
調味料
  • だしの素 1 小さじ
  • しょうゆ 1.5 大さじ
  • ブラウンシュガー 2 大さじ
  • 100 mL
調味料の体積⇔重さ換算表
INSTRUCTION
  • 鶏肉は一口大に、たまねぎは薄切りにする。
  • 鶏肉をフライパンに入れ、蓋をして中火で加熱する。
  • 鶏肉の色が変わったらひっくり返し、たまねぎを加え、蓋をして加熱する。
  • たまねぎが透き通ったら、調味料をすべて入れしばらく加熱する。
  • たまごをボウルに割り入れ、ざっと混ぜておく。
  • たまねぎに味が染みたら、フライパン全体に卵を注ぎ、蓋をする。
  • 火を止めて、余熱で卵が半熟になるまで待つ。
  • 盛り付けて、お好みで刻みのりをトッピングして出来上がり。
NOTES
Piece of Oishiのレシピはすべて酒なし・みりんなしです。その他のレシピもどうぞご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました