こねないピザ生地 待つだけ簡単もちもち&クリスピー

スポンサーリンク
話題のこねないパンにはまり、カンパーニュをはじめいろいろなパンを焼いています。
こねないパン オーバーナイトで長時間発酵カンパーニュ
強力粉だけを使った、オーバーナイト長時間発酵のカンパーニュです。こねないパンのレシピの中で一番簡単に作れるサワードウブレッドです。

こねないでパンが作れる理由を探ったら、うどんや中華麺など、いろいろなものをこねないで作れることに気づきました。
捏ねるパンと捏ねないパンの違い パンをこねる意味は?
こねるパンとこねないパンの違いは、グルテンをどう作るか、です。パンをこねることでグルテンができるまでの時間が短縮できます。グルテンは捏ねなくてもできます。
強力粉だけで手打ちうどん こねない簡単製麺 足踏み不要
強力粉だけでうどんを作ると、硬すぎて打つことができません。打たないで、こねないうどんを作れば、強力粉でも簡単。海外でも、どんな種類の小麦粉でも大丈夫です。
こねないラーメン、中華麺 強力粉でも簡単もちもち
強力粉しかなくても、こねなくても、のんびり待つだけで簡単に、もちもちの中華麺、ラーメンが作れます。賢く手抜きをして、楽においしいラーメンを食べませんか。

今回は、麺よりもパンに近い、ピザを作りました。

スポンサーリンク

パリパリもちもちのピザ

こねないパンの魅力は何といっても、外はパリパリ、中はもっちりの食感です。こんなピザがこねずに焼けたら最高です。

いろいろな加水率で試しましたが、加水率90%を超えると、具材が載った部分がどうしてもしっとりしてしまいます。加水率は80%がおすすめです。

好きな発酵時間が選べる

加水率80%だと、室温で1時間半程度経ったあたりからかなりグルテンがしっかりできてきます。パンにするには物足りないかもしれませんが、ピザならこれで十分です。

ドライイーストの量を変えることで、好みの発酵時間を選ぶことができます。パン作りで、過発酵させてしまった生地をピザにすることから、ピザの発酵はアバウトで大丈夫、と思っています。

待つだけで楽に作れる、美味しいこねないピザ、ぜひお試しください。

レシピ

こねないピザ生地 待つだけ簡単もちもち&クリスピー

こねないパンが作れるなら、ピザ生地もこねないでできるはず。パンよりも短時間で簡単にできて、外はパリパリ、中はもっちりの最高のピザができます。
Prep Time5 mins
Rest Before Cook2 hrs
Cook Time30 mins
Keyword主菜
Servings1 人分
INGREDIENTS
生地
  • 強力粉 200 g
  • ドライイースト 3 g
  • 3 g
  • 160 g
成形
  • オリーブオイル 1 大さじ
調味料の体積⇔重さ換算表
EQUIPMENT
電子はかり
ボウル
シリコンヘラ
ラップ
クッキングシート
INSTRUCTION
イーストの量
  • ドライイーストの量は、発酵時間によって変わる。
    1g→8-12時間、2g→4-6時間、3g→2-3時間。
生地作り
  • 強力粉、ドライイースト、塩をボウルに入れ、よく混ぜる。
  • 水を入れ、粉っぽさがなくなるまでしっかりと混ぜる。
  • ラップをして、15-25℃の室温で2-3時間発酵させる。発酵時間はイーストの量で決める。
成形
  • 生地が二倍程度に膨らんだら発酵完了。
  • グルテンを切らないように気をつけながら、底からすくい上げるようにして生地を数度混ぜる。
  • クッキングシートを敷き、生地を真ん中に落とす。
  • 生地にオリーブオイルを垂らす。
  • 優しくなでながら生地をのばす。生地のもちもち感を楽しみたい場合は直径20cm程度、サクサクの生地の場合は30cm程度が目安。
  • トッピングをして、275-300℃のオーブンでしっかり焦げ目がつくまで焼く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました