糯米粉でおかき・あられ 切り餅なし 海外で揚げせんべい

スポンサーリンク

もち米粉を使えば、切り餅がなくてもおかきやあられが作れます。青のりや小エビ、カレー粉やゆかりを入れるだけで、いろいろな味の揚げせんになります。

スポンサーリンク

手作りおかき

おせんべい、おかき、あられの違い

お米で作ったお菓子といえば、煎餅、おかき、あられがあります。この三つは、原材料で区別されます。

煎餅は、うるち米の粉を使います。これに対して、おかきやあられは糯米粉を使います。おかきが大きめの、あられが小さめのものを指すとか、関東ではあられ、関西ではおかきと呼ぶとか、色々な説がありますが、おかきとあられには明確な区別はありません。

おすすめの道具

米粉や糯米粉を練り上げるのは、少し手間のかかる作業です。米粉やもち米粉を練っているとかなり弾力が出てくるので、適切な道具がないと苦労します。

最初、私は耐熱ボウルと、こちらのシリコンヘラをつかっていました。

ですが、弾力の強い塊を練り上げている間に、二本とも壊れてしまいました。わざわざ日本から取り寄せたシリコンヘラだったので、かなりショックです。

動作から考える

おもちを練るときの動作は主に二つに分けられます。

  • 容器からもちをはがす
  • もちを押さえつけてこねる

シリコンヘラは、容器からもちをはがすのには最適でした。ですが、もちを押さえつけてこねるときに力を加えすぎたため、へらの中にある硬い芯の先端で、シリコンが破れてしまいました。

そこで使ったのが、家にあったikeaのシリコン製スクレーパー、SOCKRIGです。

適度に硬い芯が全体に入っていて、はがすのにもこねるのにも大活躍でした。シリコンスクレーパーで検索すると、良さそうな商品がたくさん出てきます。芯が全体に入っているか、もしくはシリコンだけでできているものを選ぶといいでしょう。

薄め&揚げがおすすめ

おせんべいづくりの中で、乾燥の工程はとても大切です。どのくらいの湿度で、どのくらいの時間乾燥させるのか、各企業が工夫しているところです。そして、手作りおせんべいの難関はこの乾燥です。

乾燥が足りないと膨らまないし、乾燥が急激すぎると割れてしまいます。部屋の湿度は季節によって違いますし、毎日変わります。もちろんいろいろ試していい条件を見つければいいのですが、一番のおすすめは「とにかく薄く作ること」です。

せっかく挑戦しても、最初から失敗してしまっては面白くありません。とにかく薄く作り、包丁で適当に切り分けて、のんびり乾燥させる。これを揚げると、市販の味にとっても近いおかきができます。厚すぎると、揚げている間に割れたり、中心部がなかなか乾燥しないので揚げ餅のようになったりします。

アレンジは追々にするとして、まずはシンプルに、超薄焼きのおせんべいを作ってみてください。

海外で日本の正月

人気の年越し・新年レシピはこちらです。

米粉で煎餅 海外でも作れる揚げせんべい、焼きせんべい
パスタマシンで六割そば 海外でも簡単手作り年越しそば
海外でおもち 糯米粉であんころもち・安倍川餅・切り餅
糯米粉でおかき・あられ 切り餅なし 海外で揚げせんべい

レシピ

糯米粉でおかき・あられ 切り餅なし 海外で揚げせんべい

もち米粉を使えば、切り餅がなくてもおかきやあられが作れます。青のりや小エビ、カレー粉やゆかりを入れるだけで、いろいろな味の揚げせんになります。
Prep Time30 mins
Rest Before Cook5 d
Cook Time30 mins
Keywordお菓子
Servings100 g 糯米粉
INGREDIENTS
  • もち米粉 100 g
  • お湯 130 g
揚げせんの場合
  • 揚げ油
調味料の体積⇔重さ換算表
EQUIPMENT
電子はかり
耐熱容器
シリコンスクレーパー
クッキングシート
めん棒
フライヤー
INSTRUCTION
味付け
    ごま味
    • ごま味は、生地にごまを大さじ1加える。
    のり味
    • のり味は、生地に青のりを小さじ1加える。
    えび味
    • えび味は、小エビ小さじ2を粉末にし、生地に加える。
    カレー味
    • カレー味は、生地にカレー粉を小さじ1加える。
    生地作り
    • 耐熱容器に米粉を入れる。味付けをする場合はここで入れ、よく混ぜる。
    • 熱湯を入れ、シリコンヘラでよく混ぜる。まとまらないときは10mLずつお湯を足す。
    • 粉っぽさがなくなるまでよく混ぜる。容器の底からはがし、それを押し付けるようにしてよく混ぜる。力がいるが、よく混ぜると粘りが出てくる。
    • 電子レンジで加熱する。米粉100gで一度に15秒が目安。加熱しすぎに注意する。
    • よく混ぜる。
    • この手順を2-3回繰り返す。
    • クッキングシートの上に生地をのせる。
    • 手を水で濡らし、生地をなでながら薄く伸ばす。乾きやすく、割れにくい2-3㎜の厚さがおすすめ。薄い方が失敗しにくい。
    • 表面を乾かす。半日程度置くか、80℃程度のオーブンで片面30分ずつ加熱する。
    • 好きな形に切り分ける。大きなものは割れやすい。直径2-3cm程度の小ぶりなものがおすすめ。
    乾燥
    • クッキングシートの上に生地を並べ、5-7日乾燥させる。時々裏返す。中までしっかり乾燥させる。
    焼き
    • オーブンを175℃に予熱する。
    • 乾燥した生地を入れ、膨らむまで5-10分程度じっくり焼く。
    • 塩味の場合は取り出してすぐ塩をかける。
    • しょうゆ味の場合はしょうゆをぬり、再度オーブンに入れて軽くあぶる。
    揚げ
    • 揚げ油を170℃に予熱する。
    • 乾燥した生地を入れ、膨らむまで5-10分程度じっくり揚げる。
    • 塩味の場合は取り出してすぐ塩をかける。
    • しょうゆ味の場合はさっとしょうゆにくぐらせ、予熱で乾かす。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました