海外のさつまいもで作る甘い干し芋 オーブンで簡単

スポンサーリンク

海外のさつまいもは、日本のものより水っぽく、繊維質で、甘くありません。そんな甘くないさつまいもも、オーブンに入れるだけで簡単にねっとり甘い焼きもになります。

スポンサーリンク

オーブンだけで甘くなる

さつまいもが甘くない。フィンランドで最も衝撃的だったことのひとつです。もちろん、さつまいもがオレンジ色なのも驚きです。しかし、それを忘れさせるくらい、とにかく甘くないんです。

どうしたらサツマイモが甘くなるのか、まずはその仕組みを考えました。

そして、実際にサツマイモを甘くする実験を行いました。この結果、70℃のオーブンで2時間加熱、というのが大切だとわかりました。甘い焼きいもを作るレシピも載せています。

干し芋も作れる?

さて、甘い焼き芋が作れたとなると、いろいろと食べたいものが出てきます。その一つが干し芋です。日本でも高級品ですが、フィンランドでは高級品を通り越して、幻の逸品です。

今回のレシピは、焼きいもの水分を飛ばしただけの簡単なレシピです。残念ながら、海外のさつまいもはかなり繊維質なので、食感まで完璧に再現、とはいきませんでした。ですが、甘さや噛み応えはばっちり。おいしい干し芋ができました。

レシピ

海外のさつまいもで作る甘い干し芋 オーブンで簡単

海外のさつまいもは、日本のものより水っぽく、繊維質で、甘くありません。そんなさつまいもをオーブンで甘い焼き芋にすれば、干し芋も簡単に作れます。
Prep Time3 hrs
Cook Time2 hrs
Keywordお菓子
Servings2 people
INGREDIENTS
調味料の体積⇔重さ換算表
EQUIPMENT
クッキングシート
包丁
まな板
INSTRUCTION

コメント

タイトルとURLをコピーしました