海外でも作れるあんこ・粒あんの作り方 乾燥小豆使用

スポンサーリンク
スポンサーリンク

市販のあんこもいいけれど、じっくり時間をかけて、自分で作るあんこは格別のおいしさです。和菓子にも、洋菓子にも合うあんこの作り方です。乾燥小豆さえ手に入れば、海外でも作れます。

スポンサーリンク

乾燥小豆はアジアンマーケットで

フィンランドの普通のスーパーでは、あずきはあまり見かけません。アジアンマーケットに行くとazuki beansとして売られています。そして、Red beansとして、小豆と似た色の豆が見つかりますが、ほとんどの場合Kidney beansです。味が全く異なるので、代用はおすすめしません。

スポンサーリンク

圧力鍋でもできる

このレシピは、のんびりと時間をかける粒あんの作り方を紹介しています。もしも時間がない場合は、圧力鍋を使うと、1時間であんこが出来上がります。この場合、粒はかなり崩れてしまいますが、味は抜群です。

スポンサーリンク

バタービーンズで白あん

そして、乾燥バタービーンズから、白あんを作ることができます。バタービーンズは、白くて大粒の豆です。こちらは、大きなスーパーやアジアンマーケットで買うことができます。

スポンサーリンク

水煮の豆でも大丈夫

また、手間を省きたいときに役立つのが水煮の豆です。水煮の小豆を使えば、簡単に漉し餡が作れます。残念ながら、フィンランドでは茹で小豆は売られていません。それでも、グリーンピースやネイビービーンズなどから、簡単にうぐいすあんや白あんが作れます。

スポンサーリンク

和菓子が簡単にできる

何より、あんこが作れると、米粉やもち粉を使って、和菓子が簡単に作れます。例えば、おだんご、白玉団子、おもちなど、海外ではなかなか手に入らないものも簡単に作ることができます。

スポンサーリンク

洋菓子にも合う

そして、日本人なら大好きなあんことパイ生地の組み合わせ。フィンランドのクリスマスパイ、Joulutorttuをあんこで作ったら、フィンランド人にも好評でした。もちろん、あんぱんにもぴったりです。

スポンサーリンク

レシピ

海外でも作れるあんこ・粒あんの作り方 乾燥小豆使用

市販のあんこもいいけれど、じっくり時間をかけて、自分で作るあんこは格別のおいしさです。和菓子にも、洋菓子にも合うあんこの作り方です。乾燥小豆さえ手に入れば、海外でも作れます。
Prep Time0 mins
Cook Time4 hrs
Servings300 g 乾燥小豆
INGREDIENTS
  • 小豆 300 g
  • ブラウンシュガー 300 g
  • 1 つまみ
調味料の体積⇔重さ換算表
EQUIPMENT
シリコンヘラ
ざる
INSTRUCTION
調理
  • 小豆と水1200mLを大きな鍋に入れ、強火で30分加熱する。小豆が水を吸って大きくなるが、まだ硬い。
  • お湯を捨てる。
  • 鍋に小豆と水1200mLを入れ、強火で加熱する。
  • 小豆の皮に裂け目が入ってきたら弱火にする。
  • すべての小豆の皮に裂け目が入るまでじっくり茹でる。ここで十分に茹でないと、あんこにしたときに硬い豆が残ってしまうので、根気よく茹でる。小豆がつぶれてしまうので、極力混ぜない。水が減ってきたら、適宜熱湯を足す。
  • 小豆をいくつか取り出し、いずれも指で簡単につぶせることを確認する。
  • 鍋を流しに置く蛇口から冷水を細く出し、鍋肌を伝わせながら鍋に注ぐ。
  • 鍋の中の水が澄んできて、小豆が十分に冷えたら、小豆をざるにあげて水を切る。
  • 鍋に小豆とブラウンシュガーを入れ、鍋をゆすって砂糖が全体にいきわたるようにする。
  • 鍋を中火にかける。
  • 小豆から出てきた水分が少なくなったら、塩を加え、へらで混ぜながら加熱する。冷めると硬くなるので、少し流動性が残るあたりで加熱をやめる。
  • 冷やして出来上がり。もしも硬くなりすぎた場合は、お湯でのばす。
その他のあんこ

コメント

タイトルとURLをコピーしました