簡単さくさくスイートブール 抹茶・チョコアレンジ

スポンサーリンク

スイートブールやぼうしパンと呼ばれている、甘いクッキー生地ののったふわふわの菓子パンです。海外で菓子パンが食べたくなったら、メロンパンよりも簡単なスイートブールを作ります。手土産にもぴったりの、可愛くて美味しい菓子パンです。

スポンサーリンク

菓子パンが食べたくなったらこれ

フィンランドで困るのは、日本のようなふわふわの菓子パンがあまりないことです。ふわふわで甘いものが食べたい、となったら自分で作るしかありません。

そんな時に作るのがこのスイートブールです。ぼうしパンともいわれるこのパンは、クッキー生地をかけて焼きます。メロンパンよりも簡単に作れるので、お気に入りです。

レシピ

簡単さくさくスイートブール 抹茶・チョコアレンジ

スイートブールやぼうしパンと呼ばれている、甘いクッキー生地ののったふわふわの菓子パンです。海外で菓子パンが食べたくなったら、メロンパンよりも簡単なスイートブールを作ります。手土産にもぴったりの、可愛くて美味しい菓子パンです。
Prep Time20 mins
Rest Before Cook1 hr
Cook Time20 mins
Keywordパン
Servings300 gの小麦粉を使用した生地
INGREDIENTS
クッキー生地
  • バター 50 g
  • ブラウンシュガー (または上白糖) 50 g
  • たまご 1
  • 小麦粉 50 g
チョコレート味と抹茶味
  • 抹茶パウダー、ココアパウダー (クッキー生地に加える) 2 小さじ
調味料の体積⇔重さ換算表
INSTRUCTION
二次発酵
  • 生地が二倍に膨らんだら、成形を開始する。
  • 生地を優しく2-3度押し、ガスを抜く。
  • 生地を取り出し、好みの重さに切り分け、丸く成形する(*1)。
  • 濡れ布巾またはラップをかけて、二倍の大きさになるまで、30-45分二次発酵。
クッキー生地
  • バターとブラウンシュガーをボウルに入れ、よく混ぜる。
  • たまごを割り入れ、さらによく混ぜる。
  • 小麦粉を入れ、均一になるまでよく混ぜる。抹茶、カカオパウダーはここで加える。
  • ビニール袋に入れ、冷凍庫で10分程度冷やす。
焼成
ポイント
  • 300gの小麦粉を使うと、一次発酵後成形する段階で
    約30gの生地が18個
    約45gの生地が12個
    約60gの生地が9個
    約90gの生地が6個できます。
  • スイートブール場合、30g、45gまたは60gをおすすめします。30gだと直径5㎝程度、45gだと直径8cm程度、60gだと直径10cm程度のパンになります。30gはかわいらしい見た目に仕上がり、60gだとかなり食べごたえがあります。
  • 生地の硬さが大切です。冷凍庫で冷やさず、緩いままだと焼く前に垂れてきて、すべての生地がつながってしまいます。固すぎると、焼いている間に垂れてこず、クッキー生地がパン生地を覆ってくれません。全体をしっかりもみ、体温より少し冷たい程度、均一な柔らかさにしてから絞ってください。
  • 生地を30g、45gに分けた場合、5mm程度の太さに絞り出します。クッキー生地を使いきってください。生地を60、90gに分けた場合、1cm弱の太さに絞り出します。クッキー生地が余った場合、天板の隙間に絞り出すとクッキーになります。ただし焦げやすいので、パンが焼きあがる前にクッキーを取り出してください。
  • しっかりと焦げ目がつくまで焼いてください。ここでしっかり水分を飛ばすと、サクサクの食感が長持ちします。
  • 焼きあがった後しばらく冷まし、クッキー生地がサクサクになった頃が食べごろです。時間が経つと、パンの水分でクッキー生地がべたつくので、オーブントースターまたは200℃に加熱したオーブンで軽くあぶってください。サクサクの食感が戻ってきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました