巻くだけ簡単成形のあん食パン たまご・バターなし

スポンサーリンク
スポンサーリンク

海外にいると食べたくなる

日本にいたときは、食パンがそんなに好きではありませんでした。しかしフィンランドに来て、なかなか食べられない状況になるとやはり食べたくなるもの。

フィンランドで売られている食パンはかなりずっしりしていたりかためだったりと日本のものとは違うので、やはり自分で焼くのが一番です。焼きたてはやはりおいしく、一斤すぐになくなってしまうので、最近では一度に二斤焼いています。

食パン型は日本から

フィンランドでは食パン型が見つからなかったので、日本から取り寄せました。食パンは、一斤用と書かれていても形によって必要な生地の量が違うようです。私が使っている型は、富士ホーローの一斤用のものです。

最初はバターを塗らなくても型から外れていましたが、毎日のように使っていたら型にくっつくようになったので、最近はバターを塗っています。食パン型がない時は、深めの容器に入れて焼くと山型食パンができます。

あんこを巻くだけ

レシピ

巻くだけ簡単成形のあん食パン たまご・バターなし

パン生地であんこを巻いて焼き上げた、優しい味わいのあん食パンです。そのままでも美味しいですが、トーストするとさらに美味しくいただけます。バター不使用でも風味豊かなあん食パンです。
Prep Time30 mins
Rest Before Cook2 hrs
Cook Time30 mins
Keywordパン
Servings1
INGREDIENTS
  • 小麦粉 (強力粉、小麦粉についてはこちらを参照) 330 g
  • 牛乳 220 g
  • ブラウンシュガー 30 g
  • オリーブオイル 20 g
  • ドライイースト (または14g 生イースト) 7 g
  • 4 g
  • あんこ (あんこの参考レシピはこちら) 200 g
  • 食パン型 (下記レシピ、note参照)
調味料の体積⇔重さ換算表
INSTRUCTION
一次発酵
  • 生イーストを使う場合は、牛乳を人肌程度に温めてイーストと混ぜておく。
  • すべての材料をボウルに入れ、すぐにスタンドミキサーまたはホームベーカリーで捏ねる。
  • 生地が一つにまとまり、表面がつるつるになったら捏ねるのをやめる。
  • 生地を丸くまとめて、濡れ布巾またはラップをかける。
  • 室温またはオーブンの発酵機能で一次発酵をさせる30分から1時間で、生地が二倍程度に膨らんだら一次発酵完了。
二次発酵
  • 必要なら、食パン型にバターを塗る
  • 生地をやさしく押し、ガス抜きをする
  • 生地を2等分し、丸める。
  • 麺棒でのばす。
  • 左右を折りたたみ、食パン型の幅より狭くする。
  • 麺棒でのばす。
  • あんこをのせる。 奥の巻き終わりの部分はあんこをのせない。
  • 手前からきつく巻く。
  • 巻き終わりを下にして、写真の向きに食パン型に入れる
  • 食パン型のふたをして、室温またはオーブンの発酵機能で二次発酵させる 1時間から2時間で、生地を型いっぱいに発酵させる 蓋を指で叩いて、詰まっているような音がしたら焼き時
  • 過発酵を防ぐため、2時間を目安に焼成を始める 型いっぱいに膨らまなかったときは、蓋をとって焼成し、山型食パンにする

コメント

タイトルとURLをコピーしました