元理科教員おすすめ 料理✕自由研究のテーマ9選 反応式も

スポンサーリンク
スポンサーリンク

化学反応式があるものや、実際に調理して確認できるものまで、料理に関する自由研究のネタをまとめました。小学生から中学生まで、幅広く対応しています。

スポンサーリンク

料理に関する自由研究

夏休みに頭を悩ますのが、自由研究です。ここでは、料理と科学を組み合わせた、自由研究に最適なトピックを紹介します。

そして、自由研究をするにあたって、元理科教員からのお願いです。

ほとんどの記事に、参考文献が示してあります。必ず、自分で元の文献までたどって、自分の言葉で書いて下さい

そして、文章の丸写しはせず、出典や参考文献は必ず明記しましょう

サイト内にある実験と全く同じものは、自由研究の目的と合致しませんので、避けてください

もしも、実際に自由研究をした場合、ぜひコメントかメッセージで教えてください。どんな結果になったのか、どういう考察をしたのか、元理科教員として非常に興味があります。

スポンサーリンク

チーズ作り

まずは、チーズ作りを紹介します。例えばカッテージチーズは、自宅で作れる簡単なチーズです。牛乳を温めて、お酢を加えるだけです。

小学生向け

小学生なら、チーズを作って食べるだけでも、十分に自由研究になるでしょう。時間がなくても大丈夫、一日もあれば完結する自由研究です。

より多く実験したい場合は、リコッタチーズや、レンネットを使ったレイパユースト、ブレッドチーズなど、作り方の違うチーズもあります。

中学生向け

中学生の場合、チーズ作りとpHの関係を調べると面白いのではないでしょうか。発展的な内容になりますが、アミノ酸やタンパク質の性質について調べるのもいいと思います。

スポンサーリンク

豆腐作り

次に、豆腐作りです。実は豆腐作りは、かなり工程の多い作業です。その分、自由研究として見栄えのするものができると思います。

小学生向け

おぼろ豆腐と木綿豆腐、絹豆腐をそれぞれ作り、味や食感の違いをまとめるだけでも大作です。そして、にがりにもいろいろな種類があるので、にがりによる分類なども面白いかもしれません。

中学生向け

にがりの種類とpH、豆乳のpHの変化などに注目すると面白いと思います。特ににがりは、NaCl他の物質ではだめなのか?など、考える幅があります。

スポンサーリンク

ひよこ豆豆腐作り

ひよこ豆豆腐は、大豆を使った豆腐よりも簡単にできる豆腐です。

小学生向け

そもそもひよこ豆は、あまり身近な食材ではありません。ひよこ豆について調べて、実際にひよこ豆豆腐を作るのはいかがでしょうか。

さらに自由研究を広げたい場合は、ひよこ豆を使った料理をいろいろ調べるのもいいですね。

中学生向け

ひよこ豆豆腐は、タンパク質とでんぷんの両方がかかわって固まります。タンパク質やでんぷんの性質は高校の範囲ですから、化学反応を掘り下げようと思うと、少し発展的な内容になります。

それでも、論文を参考に、攪拌時間を調整したり、茹でたひよこ豆で実験したりと、いろいろできることはあると思います。

スポンサーリンク

こねないパン

こねないパンは、生地を寝かせるだけで作れる簡単で美味しいパンです。

小学生向け

こねるパンとこねないパンを作り、見た目や味、性質の違いを比べるのはどうでしょうか。パン作りの基本的な工程をまとめるのも、十分に自由研究になるでしょう。

中学生向け

パン作りに大切なのはイーストです。イーストが発酵して、二酸化炭素を生成する化学式は、中学生でも習う分野です。

パン作りから発展して、イーストが使われている食品を探し、それぞれの特徴を探るのはどうでしょうか。

スポンサーリンク

重曹パスタで中華麺

実は、パスタを茹でるときに重曹を加えるだけで、中華麺のような味わいになります

小学生向け

実際に重曹パスタを作ってみて、その様子を記録するのも立派な自由研究です。実際の中華麺との比較や、いろいろな麺を使った実験、重曹の量を変えるなどもできるでしょう。

中学生向け

重曹の熱分解の化学式は、中学校で習う内容です。化学式と実際の反応を結びつけるのは、とても大切なことです。タンパク質の性質などは高校の範囲ですが、実際の実験をもとに考える、発展的な内容も理解しやすいと思います。

スポンサーリンク

オートミールの調理

オートミールはちょっと流行りの食べ物です。例えば、オーバーナイトオーツなどを聞いたことがあるかもしれません。

小学生向け

オートミールとは何か、成分などを調べた後に、実際にオートミールポリッジや、オートミールクッキーを作るのはいかがでしょうか。

中学生向け

オートミールにはいろいろな種類があります。それぞれの種類ごとの性質や、調理後の状態、味について比較実験をするのはどうでしょうか。

スポンサーリンク

フルーツシロップ

そして、夏にぴったりのフルーツシロップはいかがでしょうか。美味しくてかわいい実験ができます。

小学生向け

冷凍フルーツシロップと、普通のフルーツシロップの出来上がる様子を観察するだけでも十分に自由研究になります。おすすめの果物はレモン、またはオレンジです。

中学生向け

まずは、冷凍フルーツシロップと普通のフルーツシロップを作りましょう。そして、冷凍によって何が起こるのか、植物の細胞の変化を調べてみましょう。高校の生物の範囲も出てきますが、実際の実験と一緒に考えるとわかりやすいと思います。

スポンサーリンク

米粉とでんぷんの種類

米粉は、その原材料や製法などにより、いろいろな種類に分類されます。

小学生向け

色々な米粉を使い、割合を変えて、お団子を作ってみてはどうでしょうか。味や食感の違いをまとめるだけで、十分に自由研究になります。

中学生向け

でんぷんの性質は、これもまた高校の範囲になります。しかし、植物がでんぷんを作るまでの流れに着目すれば、十分に生物の分野の自由研究になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

冷凍きのことドライトマト

これは、うま味という味に注目した自由研究です。冷凍きのこやドライトマトは、生のものに比べてうま味がアップします。

小学生向け

まずは、冷凍きのこ、乾燥きのこをつくりましょう。そして、生のきのこ、冷凍きのこ、乾燥きのこで料理を作り、味や食感の比較をすると面白いでしょう。

また、ドライトマトを使っても面白いと思います。その場合、生のトマト、オーブンで乾燥したドライトマト、天日干しのドライトマトの比較なんてどうでしょうか。

中学生向け

塩と砂糖の化学式は、中学生でも習います。そして、うま味というのは、塩と砂糖と同様に、シンプルな化学式で表せる味なんです。

実際に実験をしてから、うま味の歴史について掘り下げると面白いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ぜひ教えてください

もしも、実際に料理に関する自由研究をした場合、ぜひコメントかメッセージで教えてください。どんな結果になったのか、どういう考察をしたのか、元理科教員として非常に興味があります。

せっかく自由研究をするのなら、楽しく、美味しくできればいいですよね。皆さんの健闘を祈ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました