フィンランドは強力粉だけ 各国の小麦粉の分類方法

スポンサーリンク

日本では薄力粉や強力粉という分類がメジャーですが、小麦粉の分類方法は国によって異なります。ここでは、日本とフィンランド、そしてフランスやドイツなどのヨーロッパ諸国と、アメリカでの小麦粉の分類方法とその基準を紹介します。

スポンサーリンク

日本はタンパク質量

日本では、薄力粉や強力粉といった分け方がメジャーです。

強力粉や薄力粉というのは、小麦粉に含まれるたんぱく質の量によって決められます(*1)。

タンパク質量(%)分類
11.5-12.5強力粉
9-11.5準強力粉
8-9中力粉
6.5-8薄力粉

タンパク質量にのみ注目して分けているように思えますが、粒の大きさにも違いがあります。一般的には、薄力粉の方が細かく、強力粉の方が粗く挽かれているようです(*2)。

ですが、もちろんこの図であらわされるような単純な話ではありません。例えばボトル入りの日清クッキングフラワーは、薄力粉ですが、通常の製品よりも粒が大きく作られているそうです(*3)。

日本では、製品の様々な情報がオープンになっているので、細部までこだわりたい場合はメーカーのHPなどで調べることをお勧めします。

フィンランドは粒径

フィンランドでは、粒の大きさによって小麦粉が分類されています。細かいものはパン向き、粗いものはケーキ向きと、目の粗さによっておすすめの用途が決まっています。

タンパク質量を確認すると、どの小麦粉もタンパク質量が多く、日本でいう強力粉に分類されることが分かります。

わかりやすくまとめるとこうなります。

どの程度の目の粗さなのか調べたかったのですが、フィンランドのメーカーはあまり商品情報を公開していないようで、具体的な数値などは出てきませんでした。日本の図とシンプルに比較できるわけではなく、あくまでイメージであることをご了承ください。

アメリカは用途

アメリカでは、用途により小麦粉が分類されているようです(*4)。ですが、例えば万能に聞こえるAll-Purpose Flourは、どの料理にも適しているわけではなさそうです。タンパク質量を確認すると、日本の中力粉や準強力粉、強力粉に該当するものなど様々あります。

やはり、用途に応じて、タンパク質量を確認するのが良さそうです。

ヨーロッパは灰分

ドイツやフランスなどでは、小麦粉の袋に405や550などの数字が書かれています。これは、灰分を表すようです(*6)。灰分値は、大きいほどタンパク質量が多く、少ないほどタンパク質量が少ない傾向があります。

つまり、この数字によって用途を決めるというのは、タンパク質量で用途を考えている、ということとほぼ同義です。タンパク質量がいかに大切なパラメーターか、わかっていただけたと思います。

国ごとに異なる小麦粉の分類

以上、国ごとに異なる小麦粉の分類を紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました