初めまして、あひ&ユハニです

ad
ad

初めまして、あひです

日本にいた頃の私は、ただの料理好きな化学の先生でした。

しかし、ひょんなことから教員をやめ、日本を離れ、フィンランドで暮らし始めました。英語が通じるので、日常生活なら言葉の壁を感じることも少なく、控えめでシャイな気質も日本人と似ていて過ごしやすい、そんな中で私が一番困ったのは、食材の違いです。

にんじんはシュッと細いし、きゅうりはやけに太いし、さつまいもの断面はオレンジ色。当然、納豆も豆腐も油揚げも、もやしも薄切り肉も刺身も簡単には手に入らない。調味料だって、みりんは売っていないし、酒が欲しければ高い酒税を払わないといけない。日本にいた時と同じ感覚で料理をするのは無理だと実感しました。

それでも、日本食が食べたい。できれば、できるだけコストをかけずに。化学教員の血が騒ぎます。このレシピ、なんでこの材料を使うの?どうしてこの調味料が必要なの?あれこれ考え始めると、自分がいかに思考停止していたかを実感しました。私は常々、生徒たちに「頭を使って考えよう」と言ってきたのに、料理に関しては、ただレシピを検索して真似るだけで、ほとんど何も考えていなかった、と。

料理のゴールは人それぞれです。私は料理人ではないので、冷蔵庫にある材料だけで、レシピを見ずにパパっとおいしい料理が作れる、ここに至るまでに、化学教員としてどのように考えて、何を実践しているのか。そして、海外在住の日本人として、限られた食材でも、あれこれ考えれば、簡単に、安く作れる日本食のレシピは何なのか。

漠然と、こんなアイディアがあるんだけど、と話をしたところ、ユハニが「いいね!一緒にやろう!」と背中を押してくれて、このブログを始めました。自分の頭で考えて料理をする、が私のなかのキーワードです。このブログを通して、たくさんの人の生活をよりおいしくするお手伝いが出来たら、と考えています。

お仕事の依頼など、連絡はコンタクトフォームよりお願いいたします。
Contact us
Contact usご連絡はこちらからどうぞ。ポートフォリオはこちらです。

初めまして、ユハニです

食べるのが好きな人?と聞かれたら、両手を挙げてYES!と答えるくらい、本当に、食べるのが大好きです。

私は、子供のころからキッチンに立って、あれこれ試していました。レシピを見ても、自分流にアレンジするから、いつも成功とは限らなかったけれど。パン屋お菓子を焼くのも大好きです。だけど、私の学士は社会学だし、ソーシャルワーカーとして5年以上働いたし、料理は全く専門ではありません。

じゃあ、なんでこのブログをはじめようと思ったのか。まずは、何か今までとは違うことをやってみたい、と思ったからです。それに、私は食べるのが大好きで、特に日本食が本当に大好きです。そんなときあひに出会い、日本食のおいしさに再度気づき、そして、あひからブログをやらないかと提案されました。やるなら今しかない、そう思い、ブログを始めました。

レシピと記事のほとんどはあひが書いていて、私は主に翻訳をしたり、写真撮影に挑戦したりしています。二人で、最高のコンテンツをお届けします。一緒にPiece of Oishi=おいしい!とかけらを見つけましょう!

広告表示について

Piece of Oishiは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Piece of Oishiは「Google AdSense」の広告を掲載しています。
Google を含む第三者配信事業者は Cookieを通じた情報を使い、ユーザーの興味に応じた広告を配信しています。
Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。
ad
Follow our SNS
Piece of Oishi
タイトルとURLをコピーしました